ケーススタディ

リピーターを増やすための「3つの施策」

リピーターは「新規顧客と比べて、アップセルにより客単価を上げやすく、売上向上につながりやすい」と言われている他、既に商品やサービスを認知しており継続購入しているため「集客のための経費を削減できる」などのメリットがあります。

本記事では、店舗がリピーターを増やしていくための「3つの施策」をご紹介します。

リピーターを増やす「3つの施策」とは?

新規顧客をリピーターに転換するためには、商品の品質を維持・改善させることはもちろんですが、「店舗を再訪したくなる」「また購入したくなる」要因をつくり、再購入につなげることが大切です。

施策1)定期的な接触をする

顧客一人ひとりに合わせたアプローチや情報提供を継続して行うことで、顧客との信頼関係を築き、定期的な来店・購入へとつなげます。

具体的な方法

  1. 初回来店時にポイントカードを発行したり、「店内商品を通常価格より10%OFF」などの優待クーポンを配布する
  2. アプリ会員証の登録を促し、日々情報をアップデートする
  3. メールマガジンでキャンペーン情報を定期的に配信する
  4. 個々の顧客データ(購入履歴など)から、おすすめの商品をカスタマイズし、DMを送る など

施策2)ファン化を加速させるブランディングを行う

商品そのものの魅力に加え、企業の理念や商品誕生の背景などに価値を見出したり、接客サービスの向上により顧客に心理的な満足感が加われば、リピート率が向上します。

具体的な方法

  1. 自社オーガニック商品を提供する理由やストーリー、エピソードを伝える
  2. サービス利用後の丁寧なアフターケア・カウンセリングを設ける など

施策3)店舗データや顧客データの分析をする

競合店分析(社外)

競合調査を実施し、自店の優位性、独自の強みなどを明らかにします。また、自社の不足や今後の課題を把握することで、リピーター離れを軽減できます。

店舗分析・店舗比較(社内)

入店率等などの条件をそろえ、リピーターが多い店舗と少ない店舗を比較し、課題を抽出します。スタッフのパフォーマンス店内レイアウトにおける課題を見つけ、各店舗でリピーターが多い店舗に倣って運用することで、リピーターを増加させます。

リピーター分析

既存顧客にアンケートや商品レビューを促し、顧客満足度を調査します。
顧客からのフィードバックは新たなニーズの掘り起こしや商品改善に活かすことができ、リピーターの維持や今後の売上拡大などに貢献します。

AIセンサーによる施策の効果検証

会員カードシステムやPOSデータからリピーター数を取得し、会計数で割ることで、リピーター率を算出できますが、例えば入店数とリピーター数から割り出す「入店者数あたりのリピート率」など、AIカメラから取得したデータを活用することで、今まで得られなかった新たな指標に基づく分析が可能になります。

まとめ

顧客ロイヤリティを高め、リピーターを増やすことは、店舗の安定した売上・収益の拡大につながります。
当社サービスで提供しているAIセンサーから得られる指標や、データの計測方法については、こちらのシステム・機能紹介ブログに掲載しています。併せてご参照ください。


実店舗の顧客データの集計は、当社にお任せください!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. 展示会のAIカメラ活用法 – 通行量・来場者数・各ブースの測定

  2. 接客パフォーマンスの評価基準と店舗での測定方法

  3. 店舗のレビューを効果的に集める方法と戦略

  4. スーパーマーケットにおける店舗分析の成功の秘訣

  5. 顧客セグメントの重要性とは? 理解するためのステップを解説

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

TOP