ブログ/資料

小売トレンド:リテールテイメントの新しい手法とAIカメラを用いた効果検証

リテールテイメントは、実店舗におけるリテールとエンターテインメントを融合させた小売業のサービス形態です(詳しくはこちらのケーススタディブログでご紹介しています)。店舗で様々なエンターテインメントを提供し、その体験を通じて顧客との深いつながりを築き、ブランドロイヤルティや認知度を高めることを目的として

美術館・博物館などの施設におけるデータ分析・活用方法

AIカメラとは?AIカメラとは、人工知能(AI)の技術を活用して映像を解析・処理するデバイスのことを指します。機械学習を基にしたアルゴリズムにより、人の顔や動き、物体の形状や高さなどを自動的に認識・判断する能力を持っています。従来の監視カメラや防犯カメラが単に映像を撮影したり記録するのに

入店カウント・店内動線を基にした店舗分析の効果とは?

店舗分析の重要性とその目的店舗分析は、顧客を維持し、売上を向上させるためには欠かせません。入店数や動線を用いた店舗分析から得られるメリットには、主に次のようなものがあります。 売り上げ向上と店舗運営の効率化:入店数や店内動線から得られる情報を活用して、商品の配置や商品在庫を最適化するこ

【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

本稿では、2023年の小売ビジネスのトレンドを振り返り、2024年における今後の市場の傾向や期待について見解を述べていきます。そして小売ビジネスの成功に必須となる、「店舗計測ツールを用いた店舗運営改善法」についても解説します。2023年の経済動向と今後の期待2023年を振り返ると、昨年に

小売店舗の分析ダッシュボードとは?

「ダッシュボード」とは?ダッシュボードという言葉自体、それほど馴染みがない方もいるのではないでしょうか。データのビジュアル化における「ダッシュボード」の定義は様々ですが、一般的にはビジネスにおける様々なデータや情報を集約して一つにまとめ、グラフなどで視覚化し、分かりやすくするためのツール

GROOOVEはどんなサービスを提供しているの?

GROOOVEは、リアル店舗の人流データ取得プラットフォームを構築する企業ですGROOOVE(グルーヴ)はリアル店舗での人の流れをデータ化するプラットフォームを構築する会社です。オンラインビジネス全盛の現代において、GROOOVEはリアル店舗における人の動きをデジタル化し、データを簡単かつ迅速に

そもそもRetailNextって何?

RetailNextとは?RetailNext(リテールネクスト)は、アメリカシリコンバレー発のベンチャー企業で、小売業界を中心に、店舗内データ分析ソリューションを提供する企業です。店舗内の顧客行動データを収集・分析し、行動分析に基づく戦略立案や店舗運営・パフォーマンスの改善に役立つデータをリア

本部の施策 - VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)

前回のケーススタディブログでは、本部における取り組み「セールスプロモーション」についてご紹介しました。本部のもう一つの重要な取り組みとして、「VMD(ビジュアル・マーチャンダイザー)」があります。本稿では、小売業におけるVMDの役割、店舗にAIカメラを導入してVMDのパフォーマンスデ

商業施設の重要な取り組みである「シャワー効果の向上」

GROOOVEの阪本です。商業施設において、シャワー効果や噴水効果を狙った施策やテナント誘致を行うことはもはや常識となっています。シネマコンプレックスや話題店を集めたフードコート、イベントスペース等の集客効果の高いポイントを作り、周辺のテナントへシャワーや噴水のようにお客さまの流れを

GROOOVE 福生ラボを少しだけお見せします!

本日は、わたしたちの福生ラボ(GROOOVE本社)を、皆様に少しだけご紹介させていただきます。福生駅から徒歩3分の場所に位置する福生ラボは、若いメンバーを中心に、年齢や性別、役割等に関係なく、皆が一丸となって切磋琢磨しているオフィス空間です。実は“福生ラボ”の名称の由来は、弊社のMV

TOP