システム・機能紹介

AIカメラによる入退店人数の計測

入退店人数の計測(トラフィック分析)と主な目的

AIカメラを店舗や施設の出入口付近の天井に付け、人の移動する方向で入店人数と退店人数をカウントします。

取得したデータは、経営者や店舗リーダーが見込み来店客数を把握したり、様々な施策の意思決定のための判断材料や店舗パフォーマンスの評価指標として使用されます。

では、当社が採用するRetailNextのAIカメラ “Aurora(オーロラ)”を使用した場合にどのように数値が取れるのか、ご紹介いたします。

入店人数・退店人数の計測

移動方向で入退店を分けて認識し、ダブルカウントを排除したり、来店客とスタッフで分けた人数計測ができます。
また、来店客数は曜日・時間ごとで取得でき、ダッシュボード上で曜日ごとの「対 昨年実績」「対 目標」の数値を照会し、実際の数値と比較することが可能です。

さらに、店内の天井に複数のカメラをつなぎ合わせてゾーンを設定することで、「任意の指定エリア」ごとのトラフィックイン・アウトの計測も実現します。

店内の場所ごとの入店人数・退店人数

見込み来店客数や店内混雑状況の把握

Aurora(オーロラ)がAI機能により自動学習を行うため、当日の見込み来店客数を過去・現在の分析データに基づいて予測表示できます。生データとして未来31日分までを外部BIなどに予測出力することも可能です。

また店内の混雑状況も把握でき、人数調整や最適な人員配置をするのにも効果的です。

※下のグラフは実際の来店客数・ピーク時間・予測済みの来店客数を表したものです。

本日の来店客数の推移とその予測

 

当社が採用するAIカメラは、来店客のダブルカウントを徹底的に排除し、カウント精度は95%以上を誇ります。

この精度は有象無象のピープルカウンターがうたう精度と大差がないように見えますが、RetailNextと当社の連携により、実際の来客数の動きや数を徹底して検証・キャリブレーションを行うことで実現できる結果となります。

また、当社では、完全クラウド連携システムによる運用、各種BIダッシュボードへのデータ連携なども承っております。

店内の滞在人数のリアルタイム表示や貴社アプリへの配信、貴社でご運用中のBIへの接続表示といったカスタマイズのご依頼など、何でもご相談ください。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP