ブログ/資料

美術館・博物館などの施設におけるデータ分析・活用方法

AIカメラとは?AIカメラとは、人工知能(AI)の技術を活用して映像を解析・処理するデバイスのことを指します。機械学習を基にしたアルゴリズムにより、人の顔や動き、物体の形状や高さなどを自動的に認識・判断する能力を持っています。従来の監視カメラや防犯カメラが単に映像を撮影したり記録するのに

イベントブースなど短期出店の効果検証に最適!
店舗計測ツール coumera(クーメラ)とは?

AIカメラが小売店にもたらすインパクト近年、データ取得の精度や利便性から、大手小売業をはじめ幅広い業界で導入が進んでいるAIカメラ。その優れた機能は、来店時の顧客行動分析、運営状況の把握、イベントブースの計測、デジタルサイネージの効果測定など、さまざまな用途に活用できます。本記事では、実

GROOOVE 福生ラボを少しだけお見せします!

本日は、わたしたちの福生ラボ(GROOOVE本社)を、皆様に少しだけご紹介させていただきます。福生駅から徒歩3分の場所に位置する福生ラボは、若いメンバーを中心に、年齢や性別、役割等に関係なく、皆が一丸となって切磋琢磨しているオフィス空間です。実は“福生ラボ”の名称の由来は、弊社のMV

来店客の立ち寄り順序(移動経路)と各場所で要した時間を調べる

あなたの店舗では、お客様の商品・サービスへの興味関心度をどのように測定していますか?前回のシステム・機能紹介ブログでは、「来店されたお客様の関心度を場所ごとに数値化する」指標についてお伝えしました。今回は、1人のヒトを基準にした立ち寄り順序や、各場所で要した時間などの「ヒト軸での分析」に

場所ごとに来店客の興味関心度を数値化する

前回のシステム・機能紹介ブログでは、スタッフのパフォーマンスについてお話ししました。今回は、来店客の興味関心度をエリア(場所・ゾーン)別に数値化する方法についてご紹介したいと思います。スタッフのパフォーマンス改善が、主にコスト削減による全体の利益向上を目的としていたのに対し、来店客の興味

アミューズメント施設における店内レイアウト・接客改善

クレーンゲームなどを設置している、アミューズメント施設の事例です。業種アミューズメント施設課題点来場者のゲームセンター内での移動経路や各ゲーム機の利用頻度などを把握し、店内のレイアウトや接客における課題を拾い上げたい。取り組み環境構築 計60台のセンサーを設置(

スタッフのパフォーマンスを調べる

前回のシステム・機能紹介ブログでは、人流データxPOSレジデータを掛け合わせて得られる指標「来店客数を分母とした購買率・平均客単価」について紹介しました。今回は、スタッフのパフォーマンス(業務生産性)を測る指標についてお話しします。どうして「スタッフのパフォーマンス」

菓子ブランドの店頭販売での売上向上

海外菓子ブランドの日本における小売展開の事例です。店舗での売上向上を目的に、「来店客・スタッフ動線の見える化」「POSレジ連携」「来店客の属性調査」を実施しました。業種菓子ブランド課題点来店客の購買率や購買客1人当たりの平均客単価を上げたいが、明確な改善策を打ち出せない。

スタッフの接客やレイアウト改善による店内パフォーマンスの向上

国内物流センター直営所におけるケーススタディです。店内のパフォーマンス向上を目標に「店内レイアウト検証」「来店客/スタッフ動線視覚化」を行いました。業種国内物流センター直営所課題点お客様をお待たせしない「理想の標準パターン」を作り、ブラッシュアップすべき課題を確認することで、

TOP