ケーススタディ

本部の施策 - セールスプロモーション

これまで、当ブログではスーパーマーケット、アパレル、雑貨、書店などの小売店において、どのような指標を取り、どのような業務改善を行うことができるかを考察してきました。

店長やスタッフが現場でデータを見ながらオペレーションを行っている一方で、本部ではどのような対策や戦略立てができるのでしょうか。

小売店の販売促進アイデアとは? 企業が目的を達成するには何が効果的なのでしょうか?

本稿では、本部における施策のひとつ、「セールスプロモーション」についてご紹介します。

本部の施策:セールスプロモーション

商品やサービスの売上を伸ばすためには、消費者の購買意欲を高めるための取り組みが欠かせません。

セールスプロモーションには、認知度の向上、購買意欲の喚起、リピーターの獲得など、目的に応じてさまざまな手法があります。

キャンペーンプロモーション

初回10%OFF、優良顧客先行販売やシークレットセール、ポイントキャンペーンなど、目的に応じてキャンペーンやセールを実施します。

  • 主な目的:「売上の向上」「新規顧客の獲得」「リピーターの獲得」など

【事例】「ポイント5倍キャンペーン」を年に数回、数日間実施することで、期間中の売上アップと新規申込会員(顧客)の獲得に成功。

イベントプロモーション

希少性・独自性・記憶性が高く、顧客満足度の高いイベントは、来店客によるSNSでの自然拡散が期待でき、ブランディング効果による入店率の向上が見込めます。

  • 主な目的:「ブランド力の構築」「新商品の認知拡大」「新規顧客の獲得」など

【事例】ファミリーイベントを開催。店内に足を運びイベントに参加したあとはTwitter投稿を促し、抽選で賞品をプレゼントする企画を実施。SNSでの自然拡散を促す施策を積極的に打ち出し、商品の認知拡大に成功。

ダイレクト・マーケティング

ウェブサイトでのニュースやブログ更新、SNS投稿、電話、メルマガなどを活用し、ネットでの関係構築から実店舗への誘導を図ります。
ターゲットとなる顧客を厳選し、情報発信によるダイレクトレスポンスで関係性を構築するマーケティング手法です。

  • 主な目的:「新規顧客の獲得」「リピーターの獲得」「LTVの向上」「顧客満足度向上」など

【事例】初回来店から〇ヶ月目にクーポン付きのDMを贈ることで、顧客との関係性の構築を行い、定期的な来店につなげた。

エントランスプロモーション

入口付近に販促POPやサイネージ広告などを設置し、注目を集めることで来店を促します。

  • 主な目的:「売上の向上」「新規顧客の獲得」「入店率の向上」など

【事例】親しみやすいフォントを使用した手書きのポップで、来店客数の増加に成功。

AIカメラを活用した施策の効果測定

これらのプロモーションは、売上という効果以外にも、ブランディング等の「売上に現れない効果」を狙って実施する場合もあります。その効果は売上という数値では表現することができない為、AIカメラを店内に設置し、データを取得することで、効果測定を行います。

例えば、店舗前の通行量と来店客数から入店率を導き出したり、当該プロモーションの視認数・視認率測定、新規顧客・リピーターの割合測定、POSデータとの連携で、購買率や平均客単価などを調べることができます

また、店頭で効果があった有益な広告(グラフィックやコピー、サイネージコンテンツ等)は、オンライン施策(投稿用バナーやメルマガのテキストなど)にも応用が可能です。

まとめ

セールスプロモーションは、実店舗での売上を伸ばすためには必要不可欠です。

店舗と密に連携し、取得した店舗計測データから課題を見出すことで、効果的な販売促進活動ができるようになります。

わたしたちは、店舗の来店客数や見込み客数、売上予測など精度の高いデータをご提供するだけでなく、専門チームによる店舗計測・分析のアドバイスもさせていただいております。お気軽にお問い合わせください。

関連記事

新規顧客/リピーターの割合を調べる

本日は、店舗で「新規顧客」「リピーター」の2つの属性の割合を計測・分析する方法について、解説します。 新規顧客/リピーターとは? 「新規顧客」は、店舗に初めて来店する客、「リピーター」は2回以上来店したことがある客を指し […]

「店前通行量」と「入店率」の計測

店前通行量(店前通行人数)とは? 店前通行量とは、店舗前の通路を通る歩行者数のことを意味します。 店舗の入り口前の歩行者数が多ければ多いほど、店に立ち寄る人数(来店客数)が増え、結果として売上向上につながる可能性が高いで […]

場所ごとに来店客の興味関心度を数値化する

前回のシステム・機能紹介ブログでは、スタッフのパフォーマンスについてお話ししました。 今回は、来店客の興味関心度をエリア(場所・ゾーン)別に数値化する方法についてご紹介したいと思います。 スタッフのパフォーマンス改善が、 […]

人流データxPOSデータ

  前回はシステム・機能紹介で、AIカメラ1台でできる「入退店人数の計測」について紹介しました。 では、POSレジのデータと連携すると、どのようなことが可能になるのでしょうか? 答えは 入店人数とPOSレジから […]
コメントなし

サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP