ケーススタディ

スタッフ業務の工数可視化/改善への活用

国内大手コンビニエンスストアのケーススタディです。
人材不足を補うために業務の省力化をしたく、スタッフによる店内での業務行動を可視化しました。

業種

コンビニエンスストア

課題点

アルバイトスタッフの人材不足による影響で業務省力化が急務。
改善ポイントを知る上で、スタッフによる店内での業務行動(品出し・レジ打ち・フロア接客・店内端末操作方法の説明など)の視覚化(数値化)が必要になった。

取り組み

オペレーション

  • 本取り組みのリーダーを1名任命
  • スタッフの業務行動を分類し、業務内容をリストアップ
  • 「品出し・レジ打ち・フロア接客・店内端末操作方法の説明」の4項目に業務を分類
  • 上記4項目毎の「立寄回数・平均滞留時間」を「施策前の実績・理想/目標・試作後の実績」の3つにわけて設定、指標を取得し、運用することに決定
  • VMD担当者からヒアリングをし、調査対象となる棚の売場種別をリストアップ
  • 以下を測定対象棚に指定
  • 《食品棚》米飯(おむすび)・即席/調理麺・即席/加工食品・デリカ・調理パン(ベーカリー)
  • 《菓子棚》アイス・菓子(半生菓子)・デザート
  • 《飲料棚》酒 ・チルド飲料・機能性飲料
  • 《接客棚》レジ・レンジ・サービス
  • 《セルフ棚》セルフレジ・コーヒーカウンター
  • 《その他の棚》シーズン・日用品・薬・日配品・飲料在庫

環境構築

  • オペレーション項目「スタッフ行動種類・指標種類・測定棚名称」の設定を当社に依頼し、RetailNextダッシュボードにて構築
  • 上記の環境を実現させるための機器の「選定/設定・システム設計/機器設置工事」を、当社に依頼し構築
  • メインとなるオーロラセンサーは20台、別途防犯カメラを10台、店内に設置

結果

店内スタッフの業務行動を可視化したことで、スタッフの人数・勤務時間の調整、人員配置の仕方における改善点の導き出しや、適正な商品在庫管理・発注へとつながった。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP