システム・機能紹介

客の移動方向を確認する「方向マップ」とは?

数年前から消費者の「実店舗離れ」が進み、購買行動は来店からECメインへとシフトしつつあります。こうした中、AIセンサーは実店舗を持つ小売業に光を当て、多くの小売業を救うツールとして期待されているものの1つです。

RetailNext(リテールネクスト)の次世代エッジAIカメラは、建物内を通過する人の数や滞在時間を抽出するだけでなく、人の動きを検知し、移動方向も追跡できます。

AIカメラで客の移動方向を調べる

RetailNextのダッシュボード「方向マップ」から、来店客の移動方向を確認できます。

下図は、店舗のエントランスにおける来店客の方向を矢印とパーセンテージで示したものです。
この機能を利用することによって、来店客がまずどのレーンへ向かっているのかを分析でき、棚ごとの商品陳列や販促物の掲示位置等を決定するために必要なデータを取得できます。


※来店客の移動方向を、曜日や期間を絞って参照可能

店舗分析にAIセンサーを使うメリットは?

AIセンサーを用いれば、方向マップの他にも様々な指標を得ることができます。

AIを活用した属性データをマーケティングへ活用

店内のどのエリアにどのような属性の人が集まり、どの商品に注目しているのかを把握することができます。また、実際に来店する客層と事前にターゲットとした客層に差がないかを確認することができ、見込みのある客層に直接アプローチする売場作りや商品選定が可能になります。

店舗のオペレーション分析・インテリア分析への活用

顧客動線を追跡し、店舗内での人流を把握できれば、内装の課題抽出によるレイアウトの最適化、接客ポイントの見直しによる購買率の向上などにつながります。

まとめ

顧客がどの方向に流れているかを把握できれば、売り出したい商品の陳列の最適化や、流入方向を意識したレイアウトの改善につながります。

顧客の行動分析に基づくマーケティングを、小売店舗にどのように応用すべきなのでしょうか。

そのためにはまず、顧客データを効率よく取得する、AIセンサーの活用が鍵を握っているとも言えます。

AIセンサーを用いた店舗計測に関するご不明点、わたしたちのサービスについてご質問等がございましたら、お気軽にお問い合わせください。


実店舗の顧客データの集計は、当社にお任せください!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP