システム・機能紹介

人流データxPOSデータ

 

前回はシステム・機能紹介で、AIカメラ1台でできる「入退店人数の計測」について紹介しました。
では、POSレジのデータと連携すると、どのようなことが可能になるのでしょうか?

答えは
入店人数とPOSレジからのデータを掛け合わせることで「購買率」や「来店人数ベースの平均客単価」などの指標の取得ができるようになります。

では、どのような使い方ができるのか、見ていきましょう。

購買率

来店したお客様のうち、何割が購入に至ったかが購買率となります。

例えばお客様100人が来店し、そのうち50人が商品を購入した場合、購買率は50%となります。

結果が伴っていたかどうかを最もシンプルかつ客観的に評価することができるため、店舗全体の業績を評価するのに使いやすく、小売店のパフォーマンスを計測するための重要な指標(KPI)と言えます。

購買率がわかることで、様々な施策の効果検証が可能になります

施策例
・売れ筋商品の品揃えの見直しや、商品の売価の変更をする
・店内レイアウトや商品陳列の工夫をする
・スタッフの接客タイミングやサービスの提供方法などを変えてみる
・インターネット(ホームページ)やDMで商品を紹介し、店頭で商品を購入できる仕組みを作る など

購買率の計算方法:購買者数 / 入店人数

 

平均客単価

一般的に使われる「売上合計/購買者数」で算出する“購買に至ったお客様ベース”の客単価と併せて、「売上合計/入店人数」の“来店人数ベース”の客単価も算出可能です。

来店後に「何も買わなかったお客様」と「購入したお客様」の差を考えることは、来店・購入を促す大きなヒントとなります。
この2種類の客単価が近くなるほど機会損失が少なく、シンプルな接客改善の効果測定にも使うことができます。

平均客単価の計算方法:
売上合計 / 購買者数
売上合計 / 入店人数(Shopper Yield)

 

💡こんな時におすすめ

  • 店頭スタッフの公平な評価基準として、購買率を活用したい
  • 2つの平均客単価を比べることで、シンプルな接客パフォーマンス改善の指標にしたい
  • 来店客数に対する店舗のパフォーマンスを、月別、週別、日別、時間別などの単位でタイムリーに把握したい など

※下のグラフはPOS連携で取得した集計イメージです。

まとめ

POSレジのデータと入店人数のカウントから、購買率や来店客数ベースの平均客単価が取得でき、店舗ごとのパフォーマンスが一目でわかります。

また、シンプルで使いやすい指標を得ることで、店舗売上改善のための施策立て・効果検証がしやすくなります。店舗・本部において情報連携もしやすく、「戦略的なマーケティング施策運用」にもご活用いただけます。

次回は、スタッフのパフォーマンス把握についてご説明します!

お楽しみに。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP