システム・機能紹介

AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

この記事を読むのに最適なのは?
このトピックは、以下のようなご要望をお持ちの企業様におすすめです。

  1. サイネージなどのデジタル広告の視認性を確認したい
  2. 販促物の訴求力を数値データで判断したい
  3. イベントやキャンペーンの集客効果を確認したい
  4. 目的に沿ったデータのみを取得して、店舗分析にかかる導入コストを必要最小限に抑えたい
  5. レンタルスペースなどで短期間、試験運用程度に顧客データを取得したい

店舗分析にAIカメラを活用するメリットとは?

AIカメラを活用した店舗分析では、AIがリアルタイムでデータを収集し続けるため、アンケートやPOSデータからの情報収集のみに頼っていた従来の分析よりも、人的ミスを防ぎ、効率的なデータ取得・運用が可能になります。

データドリブンな意思決定が重視される現代の小売業において、AIカメラは極めて有効なツールと言えます。

AIカメラを活用したデータ取得例:

  1. 入店数計測と店舗前通行量計測をかけあわせた入店率計測
  2. 視認数計測を活用したサイネージや掲示物の注目度調査
  3. 入店者の属性(年代・性別)などのマーケティングデモグラフィックデータの取得

AIカメラを設置することで、「見えざる顧客行動」を取得することができ、店舗レイアウトやオペレーションの改善に活かすことができます。

データをもとに仮説を立て検証することで、より良い顧客体験を提供できるようになり、店舗運営の効率化や売上向上に貢献します。

AIカメラ「coumera(クーメラ)」を使った店舗分析

coumera(クーメラ)は、4,900円/週(※)から始められる、AIカメラを用いた高精度な店舗計測ツールです。

導入のネックとなりがちなAIカメラ設置に伴う高額な工事費は一切必要ありません。売り場の必要な場所にAIカメラを設置し、WIFI環境など必要なものを用意するだけで、すぐに計測ができます。

※coumera(クーメラ)は、最低1週間、税込4,900円(データ計測費2,100円、機器レンタル費2,800円)/週から店舗計測が可能な低価格のレンタルサービスです。初期導入費や運用費を抑えながらも、最新のAIカメラで効率的な店舗分析が可能です。

AIカメラ「coumera(クーメラ)」でサイネージの効果を検証する

サイネージの効果的な活用法

デジタルサイネージは、その視覚的な魅力と即時性から小売業界で広く用いられ、顧客に商品やサービスを魅力的に紹介し、購買行動を促す強力な販促ツールの1つとされています。

サイネージの効果的な活用には、ターゲットとする顧客層に合わせたコンテンツの作成、適切な設置場所や再生時間の選定、他の販促手段との連携・連動などが挙げられます。

サイネージ広告の効果計測の重要性

サイネージを通じて生じた顧客行動を数値で把握することで、広告の効果の最大化、さらには次のマーケティング戦略の立案など、新たな可能性を開くことができます。

しかし、期待する効果を引き出すためには、サイネージの配置場所や表示するコンテンツの調整はもちろん、顧客の反応を正確に測定・分析することが不可欠です。

AIカメラを活用し、サイネージを見ている顧客の数や割合、属性の分布などを計測することで、効果的であったコンテンツの把握や、最適なメッセージ配信のタイミングなどのヒントを導き出すことができます。

ここでは、coumeraのサイネージ効果計測機能をご紹介します。

「coumera」による測定① サイネージ前の通行量を計測する

店舗の入口や店内各所に設置したデジタルサイネージ広告の前を通過する歩行者数をカウントします。人通りの多い場所に広告を設置することで、多くの見込み客を獲得できる可能性が高まります。

関連ブログ:店前通行量と入店率の計測

サイネージ前の通行人数を計測する

サイネージ前の通行人数を計測する

 

「coumera」による測定② サイネージの視認性、閲覧者数、閲覧時間を計測する

設置したサイネージの前を通過した人のうち、実際に立ち止まって見た人の割合や視聴時間を計測することで、サイネージの影響力を定量的に評価することができます。

集客力の高い広告を継続的に表示することで販売促進につなげたり、サイネージの結果をSNSなど他の販促物作成の際に参考にすることも可能です。

関連ブログ:店内の各エリアの立ち寄り回数や滞在時間を計測する

サイネージを視聴している人数を計測する

サイネージを視聴している人を計測する

 

「coumera」による測定③ サイネージ視認者の属性(年代・性別)を計測する

サイネージを見ているお客様の年代(年齢層)や性別も測定することができます。

アルゴリズムとしては、顧客がサイネージを見ている間に、coumeraのヒト認識機能から、その人物の年代と性別を推定します。

例えば、特定の時間帯や曜日に、どの属性の顧客がサイネージを見ているかを追跡したり、複数のパターンのサイネージ広告から、ターゲットとする顧客層に対してどれが最も効果的かを測定することができます。

顧客の属性は、広告戦略を検討する際だけでなく、属性にマッチした商品選定を行うときにも役立ちます。ターゲットとなる顧客に効果的に商品をアピールできれば、売上向上にもつながります。

関連ページ:顧客の属性(年代・性別)を調べる

サイネージを見ている人の属性(年代・性別)を取得する

サイネージを見ている人の属性(年代・性別)を取得する

 

サイネージの効果測定結果と活用事例

ここでは、coumera(クーメラ)を活用した小売店舗におけるサイネージ効果検証事例をご紹介します。

①都心の大型家電量販店における効果検証

広範なデジタルサイネージを導入し、特売品や新商品の告知をし、顧客の行動や属性を分析しました。

その結果、属性ごとの特定の商品に対する関心度や、特定の時間帯における集客の変動を把握することができ、より効果的なプロモーションを実施できるようになりました。

また、サイネージの効果検証の結果をもとに、商品の見せ方の違いが、顧客にどのような影響を与えるかを予測できるようになったことで、商品の陳列方法やVMDの見直しにつながり、顧客体験の向上へとつながりました。

取得した指標:入店人数、入店率、サイネージ前通行量、サイネージ視認率、視聴回数・視聴時間、サイネージ視認者属性(年代・性別)

店舗計測ツールを使うことで、様々は効果検証が可能に

 

②高級アパレルブランドの旗艦店における効果検証

特定の商品に対する顧客の購買意欲を高めるため、店舗エントランスに設置したデジタルサイネージで数パターンのプロモーション動画を再生し、視聴回数や視聴時間の増減で顧客の反応を検証しました。

データをもとに、どの動画が最も顧客の心を引きつけ、どの動画が視聴者を逃がしているのかを確認し、コンテンツの見直しを行いました。

顧客の反応を数値で可視化できたことで、訴求演出の改善や広告の集客力アップ、その後の商品購入率アップにつなげることができました。

取得した指標:入店人数、入店率、店舗前通行量、サイネージ前通行量、サイネージ視認率、視聴回数・視聴時間、購入率、各エリアでの立ち寄り順序(※一部POSレジデータとの連携、顧客動線の取得で算出)

まとめ

サイネージの効果検証は、店舗の売上向上につながる重要なインサイトを得ることができます。また、ポップアップストアやイベントブースなど期間限定で設置される場所では、サイネージ効果検証以外にも、限られた時間内に「どれだけお店や商品を人の目に留めることができたか」を知ることが重要です。

coumera(クーメラ)を活用することで、最新のAI技術を活用した店舗分析を低コストで実現することが可能です。

マーケティング施策の効果を最大限にするために、ぜひ私たちの店舗計測ツールを試してみてはいかがでしょうか 。

coumera(クーメラ)についてもっと詳しく知りたい企業様は、こちらにお進みください。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. 小売トレンド:リテールテイメントの新しい手法とAIカメラを用いた効果検証

  2. 売上減少の原因と対策|効果的な施策で小売店の業績アップを実現する

  3. AIカメラで家具・インテリア雑貨店の店舗分析を行う

  4. 市場調査と販売分析 – AIカメラを活用した小売業の戦略とは?

  5. スタッフパフォーマンスと接客状況の可視化で、店舗の売上増加につなげる方法

TOP