システム・機能紹介

イベントブースなど短期出店の効果検証に最適!
店舗計測ツール coumera(クーメラ)とは?

AIカメラが小売店にもたらすインパクト

近年、データ取得の精度や利便性から、大手小売業をはじめ幅広い業界で導入が進んでいるAIカメラ。その優れた機能は、来店時の顧客行動分析、運営状況の把握、イベントブースの計測、デジタルサイネージの効果測定など、さまざまな用途に活用できます。

本記事では、実際にAIカメラでどのようなデータが取得され、どのような知見が得られ、店舗経営に活用できるのか? を、GROOOVEの最新店舗計測ツール「coumera(クーメラ)」のイベントブースにおける活用方法や成功事例を交えながら、解説します。

AIカメラによる顧客分析とは?

顧客分析とは、店舗に訪れる顧客の購買行動、商品に対する反応などを分析することです。

例えば、顧客の特定の商品分野への関心度や商品の検討時間を測定することで、新商品の企画・販売戦略、広告宣伝などのマーケティング戦略に活かすことができます。

また、入店する客数をカウントし、顧客の動線から店内での滞在時間や移動パターンを分析することで、店内レイアウトの改善や商品・スタッフ配置の最適化を図ることも可能です。

さらに、年代や性別などの基本的な顧客属性や各カテゴリへの嗜好を推定できるため、これらのセグメントに即したサービスの提供も可能となります。

AIセンサーがリアルタイムで取得したデータを分析することで、より深い顧客理解と小売ビジネスの成長が可能になります。

最もハードルの低い店舗計測ツール「coumera(クーメラ)」とは?

AIカメラの導入が進む中、最近ご注文やご質問をいただくのが、GROOOVEに新しく登場した“お試し店舗計測”ツールcoumera(クーメラ)です。

初めてAIカメラを導入する小規模店舗や新規事業者様でも、最新のAI技術を活用した効率的な店舗運営を低コストで実現できます。

(1) 業界最安値、抜群のコストパフォーマンス!

店舗計測が最低1週間、4,900円(税込)(データ計測費2,100円、機器レンタル費2,800円)/週から。

coumera(クーメラ)は、業界最安値で店舗計測が可能な低価格レンタルAIカメラです。

一般的にAIカメラは導入コストが高く、これまで入店計測や動線分析は、高額な設備費用や年間契約などの長いライセンス期間がネックとなっていました。

coumera(クーメラ)は初期導入費や運用費を抑えつつ、計測期間も最短1週間から始められます。

短期間で集客や販売を行う店舗や、季節のイベントやキャンペーンに合わせてディスプレイを変更する際の効果測定にもおすすめです。

 

(2) AIカメラを置くだけで計測開始

設置は非常に簡単で、大がかりな工事は必要ありません。

従来の監視カメラシステムでは、専用の配線や設備が必要で、場所によっては設置が困難な場合もありましたが、coumera(クーメラ)は、必要な台数のAIカメラを店内に設置し、電源やアダプターにつなげるだけで、すぐに計測を開始することができます。

また店舗のレイアウトや商品の配置を変更した場合も、AIカメラを移動させるだけなので、再設置の手間が省け、時間とコストの節約になります。

AIカメラは電源とインターネット接続さえあればどこでも作動します。

手元に届く機器には、すでにショップのWi-Fi情報が書き込まれているので、測定したい場所に向け、ACアダプターを接続すれば、ほぼ準備は完了。あとは管理画面から検知ラインやエリアを設定するだけで、測定を開始できます。

(3) 専門知識不要

豊富なデータラインナップ。

各店舗の特性やニーズに応じて、最適な指標を選択できます。

例えば、期間限定のPOP UPストア(ポップアップ)やRaaS店舗を運営する際の利用者数や顧客属性を計測することが可能です。

顧客のプライバシーを守りながら、効果的なマーケティング分析を実現。

個人を特定できる情報を一切収集しないのもcoumera(クーメラ)の大きな特長です。また、データ解析にも優れており、導入後の効果検証にも力を発揮します。

セキュリティ対策をしながら、安心して得られた顧客情報をもとに、店舗運営やマーケティング戦略の策定が可能となります。

「coumera(クーメラ)」で、イベントブースの効果測定をする

イベントブースにおけるcoumera(クーメラ)の有効活用

イベントブースは、ブランドを訴求し、顧客との有意義なエンゲージメントを生み出す重要な場所です。

しかし、イベントブースの成功は、集客数、その後の新規顧客獲得数、顧客の購買行動に大きく左右されます。

coumera(クーメラ)は、AI技術でブース内の動きを詳細に捉え、来場者数や滞在時間、行動パターンなど様々なデータを自動取得します。

AIカメラがリアルタイムでデータを提供するため、イベント開催中でもブースを訪れる人々の流れを具体的に把握し、臨機応変な対応が可能です。イベント終了後も、得られたデータから業績を振り返り、次回のイベント企画やマーケティング活動に活かすことができます。

coumera(クーメラ)で、イベントの効果を最大限に引き出すことが可能になります。

計測① ブース前通行量と入場者数から、入店率を算出する

coumera(クーメラ)で店前通行量と入店数を取得し、入店率(ブース入場率)を算出する方法について見ていきましょう。

まず、coumera(クーメラ)を入口の適切な場所に設置します。

AIカメラは通行人の数を自動的にカウントし、さらにその中から実際に店内に足を踏み入れた客の数を同時に計測します。この2つの数値を元に、入店率が算出されます。

入店率の計測は、なぜ重要?

店舗前の通行量と入店数から入店率を算出することは、店舗の魅力や効果的なマーケティング戦略を評価する上で非常に有効な指標となります。

店舗の立地や外観、看板などが通行人にどの程度の影響を与え、その結果どれだけの人を店舗に呼び込むことができたかを把握するのに役立ちます。

例えば、特定の広告キャンペーンや路面に接する店内ディスプレイが実際に効果的なのか、あるいは改善の余地があるのかを具体的な数値によって判断することができます。

店前通行量の計測

 

入店数のカウント

計測② ブース内の顧客の行動パターンを分析する

coumera(クーメラ)は、顧客の行動パターンを深く分析する機能も持っています。

例えば、客がブース内でどの商品や展示物の前で、何分何秒滞在していたのかなど、顧客の購買行動につながるインサイトを得ることが可能です。

顧客の行動パターンの分析は、なぜ重要?

視線を追跡し、顧客の動きを分析することは、どのエリアが最も購買に影響を与えているか、販促物を通じてどのような顧客行動が起きているかを理解するために重要です。

例えば、商品の前で立ち止まって内容をじっくりと見ている人と、一瞥しただけで通り過ぎてしまう人の違いを把握することで、その商品やサービスがどの程度の興味・関心を集めているのか、売上を伸ばすためにはどのような改善をすればよいのかを予測することができます。

計測結果の数値をもとに、潜在的な顧客ニーズを見つけ出し、より効果的な商品配置やプロモーション戦略を計画することができます。

各エリアの滞留状況(滞在時間・回数)を計測

計測③ ブース入場者の属性(年代・性別)を測定する

coumera(クーメラ)は、ソフトウェアに顔認識機能を搭載しており、イベントブースに訪れる客の性別(男性・女性)や年代などの属性を正確に把握することが可能です。

例えば、ブースの来場者が主にどの年齢層と性別で構成されているのか、どの商品がどの年齢層と性別の顧客によく購入されているのか、どの時間帯にどの年齢層と性別の顧客が最も多く訪れているのかなどを具体的に調査することができます。

属性分析は、なぜ重要?

顧客属性(デモグラフィック情報)に基づいた詳細な分析を行うことで、潜在的な顧客ニーズを見つけ出し、より効果的な商品販売、ディスプレイやレイアウトを計画することができます。

例えば、来店客の性別割合を把握することで、男性向け商品や女性向け商品の展示バランスを調整するなど、より効果的な販売戦略を立てることが可能となります。

また、プロモーション戦略にも活用でき、ターゲット顧客が来店しやすい時間帯や曜日に、最も効果的な広告を表示することができます。

coumera(クーメラ)でどんな指標が取れる?

小売店舗

・入店数計測
・店舗前通行量計測
・入店率算出
・購買率算出
・入店者属性分析(年代・性別)

イベントブース計測

・ブース入場数計測
・ブース前通行量計測
・ブース入場率算出
・ブース入場者属性分析(年代・性別)

サイネージ計測

・サイネージ前通行量計測
・サイネージ視認数計測
・サイネージ視認時間計測
・サイネージ視認率算出
・サイネージ視認者属性計測(年代・性別)

イベントブースの測定結果とその活用

期間限定で出店するポップアップストアやイベントブースでは、限られた時間内にどれだけ人々の目を引くことができたのかを数値で知ることは重要です。

AIカメラで取得した顧客の数や行動分析を通じて、運営パフォーマンスの向上、顧客体験の最適化、満足度の向上、さらにはショップの売上につながる新たなマーケティング戦略の立案に至るまで、新たな可能性が広がります。

店舗計測ツールcoumera(クーメラ)は、小売店舗が抱える課題解決の一助となるでしょう。

まずはお気軽にお問い合わせください

coumeraのサービス詳細、料金、お申込み・お問い合わせフォームはこちら
※別ウィンドウでcoumeraサービスサイトが開きます。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. 地図と顧客データから読み解く百貨店の店舗分析

  2. BIツール徹底比較:無料版あり・人気8選!機能やメリットも紹介

  3. 今日の小売業界におけるデータ収益化とは?

  4. 2024年版 世界における小売業売上ランキングとトレンド予測

  5. 小売店の利益を上げる方法:売上向上と経費削減の2つの軸で解説

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

TOP