ケーススタディ

小売店の売上を構成するKPI「来店客数 × 購買率 × 客単価」とその分析

KPIの概要とその重要性

KGIはKey Goal Indicator の略で、売上目標など、企業が最終的に達成したい目標のことです。また、KPIはKey Performance Indicatorと呼ばれ、企業の目標を達成するために、定量的に評価・管理されるべき、重要業績評価指標のことです。

KGIの達成には、KPIを深堀していくことが必要な理由をご説明します。

KPIとは、企業目標を達成するために必要な、その一連のプロレスが行われる店舗のパフォーマンス(オペレーション達成)を表す指標です。

特に、現状と達成目標のギャップが大きければ大きいほど、KPIを明らかにしていくことで、目標に影響を及ぼすボトルネックを見つけ、運営・業績改善に繋げることができます

そして、このKPIの計測に最も効果的なのが、顧客の行動パターンをデータから読み解くことができるツールとして世界中の小売業界で注目が集まっている「AIカメラ」です。

AIを搭載したセンサーカメラを活用することで、あらかじめ設定した売上に影響を及ぼす主要なKPIと、AIカメラで計測した実際の数値を比べながら、店舗の運営改善を行うことができるようになりました。

 

小売業の主要KPIとなる指標

小売店舗の業績を評価するためのKPIには、売上高入店率トラフィック(入店人数)平均客単価(※1)購買率などがあります。

売上高は、ビジネス全体のパフォーマンスを知ることができ、来店客数は店舗の魅力や集客力の指標となります。

また入店カウントとPOSレジのデータを連携させ、各店舗の購買率や入店人数ベースの平均客単価を算出することで、他店舗とのパフォーマンス比較が容易にできます。

どの店舗や商品、サービスが事業の主力になっているのか、あるいはどの店舗や接客パフォーマンスに改善の余地があるのかを明らかにすることができます。

※1 平均客単価は、顧客一人当たりから生み出される売上(平均取引額)のことです。顧客が1回の販売でどれだけの金額を使っているかの平均値を示します。

 

小売店の売上を底上げする、最も重要な3つのKPIとは?

この続きをお読みになるには、メールマガジンの購読が必要です。

 

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. 顧客セグメントの重要性とは? 理解するためのステップを解説

  2. 無人店舗でロボットが活躍 – AIが解決する小売業の抱える課題とは

  3. 小売トレンド:リテールテイメントの新しい手法とAIカメラを用いた効果検証

  4. 売上減少の原因と対策|効果的な施策で小売店の業績アップを実現する

  5. AIカメラで家具・インテリア雑貨店の店舗分析を行う

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

TOP