ケーススタディ

店舗計測を始めるための予算確保の方法

店舗計測とは、店内の人流や客層、滞在時間などをデータ化して分析することです。これにより、店舗のレイアウトや商品陳列、販促施策などを最適化し、売上や顧客満足度を向上させることができます。

しかし、店舗計測を行うには、それなりの投資予算が必要です。一般的には、店舗計測にかかる予算は以下の2つに分けられます。

– 初期費用:カメラやセンサーなどの機器代金や設置費用
– 月額費用:クラウドシステムの利用料や保守費用

初期費用は新規出店であれば、内装予算等に含めることができますが、既存の店舗に新設する場合は別途確保する必要があります。

また、月額費用はどの勘定科目に計上するかが問題となります。一般的には、販売促進費や店舗設備費、システム利用料等で充当する場合が多いですが、会社の方針によって異なります。

いずれにせよ、投資予算を確保するためには、「なぜ店舗計測が必要なのか?」という根本的な理由を明確にし、「投資予算に対してどんな効果が見込めるのか?」という具体的な試算を示す必要があります

例えば、
「AIカメラで客層を分析し年齢・性別別の売上比率を把握することで、ターゲット層へのアプローチを強化し、売上率を10%向上させる」
「センサーで人流を可視化し、レイアウト変更後の滞在時間増加率や回遊向上率を測定することで、最適化効果を検証し、リピート率を5%向上させる」
「クラウドシステム(ダッシュボード)でリアルタイムにデータを閲覧し、現場スタッフへフィードバックすることで、接客力を向上させ、顧客満足度を20%向上させる」
などです。

このように具体的な目標値やKPI(重要業績評価指標)を設定し、投資対効果(ROI)を明示することで、予算確保への説得力が高まります

もちろん、これらの試算はあくまでも想定値です。

実際に店舗計測を導入してみて初めてその効果がわかります。そのためにもまずは初期費用や月額費用のハードルを下げる必要があります。

そこでおすすめしたいサービスが、株式会社GRoooVE(グルーヴ)から提供されている「POPS(ポップス)」です。

「POPS」は完全サブスクリプション型(固定料金制)の店舗計測サービスです。通常であれば1台あたり20万円程度かかる初期費用をかけずに、AIカメラやセンサーをレンタルすることができます。

また、月額費用も1台あたり1万円からと非常にリーズナブルです。さらに、「POPS」はクラウドシステムと連携しており、店舗計測のデータをリアルタイムに閲覧したり、分析レポートを自動生成したりすることができます。

「POPS」は店舗計測の導入コストを大幅に削減し、効果検証や改善施策の実行をスピーディーに行うことができるサービスです。店舗計測に興味のある方は是非ともお問い合わせください。

POPSサービスについて、詳しくはこちら


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP