ケーススタディ

なぜAIカメラのデータとPOSレジのデータを掛け合わせる必要があるのか?

店舗の売上を伸ばす方法のひとつに、入店カウンターで取れる人流データとPOSデータを活用する方法があります。この組み合わせは、特に小売業界における店舗分析で成功を収めています。

人流データとPOSデータを融合させることで、売上向上が期待できる

POSレジのデータは来店客の具体的な購買行動を捉え、AIカメラで取得した人流データはその背景にある傾向を捉えています。

例えばAIカメラで日々取得する入店人数からは、どの曜日のどの時間帯に最もトラフィックが多いか、また動線で店舗内の人の動きを追跡すれば、どの商品に注目が集まっているのかや、来店客の平均滞在時間、接客を受けるタイミングなどを把握することができます。

一方、POSデータからは、販売した商品の種類や合計金額、購入した顧客の人数、購入した時間帯など、顧客の購買パターンを明らかにします。

これらのデータを組み合わせることで、ターゲットとする顧客の行動傾向を明らかにし、より深い洞察を得ることができます。

購買率・平均客単価向上のヒントを得る

AIカメラで取得する人流データとPOSの購買データは、キャンペーン施策などの期間中の購買率の変化を見るだけでなく、来店客一人当たりの平均客単価の向上につなげるためにも役に立ちます。

具体的には、スタッフの接客タイミング、店舗レイアウトや品揃え、対象商品の売れ行きなどが、ターゲットとする客層の購買率や客単価にどのような影響を及ぼしているかを細かく分析することで、向上させることができます。

また、特定の時間帯に多くの顧客が来店するのであれば、その時間帯に合わせたプロモーションを実施することができます。人が多く通過する場所に人気商品とその関連商品を一緒に陳列することで、購買数や客単価をアップさせることも可能です。

データの統合に向けた注意点

AIカメラで取得する人流データとPOSの購買データの統合は、店舗分析によりビジネスの成長を加速させる強力な手段となり得ます。しかし、同時にデータの取り扱いには注意が必要です。

第一に、プライバシーとセキュリティを考慮し、顧客情報が適切に保護され、個人を特定できない形でデータが利用されるようにすることが重要です。また、データ分析には専門知識が必要です。適切な分析を行えば、有益な知見を得て、店舗運営を最適化することができるからです。

GROOOVEが提供する店舗計測ツールは、今までAIセンサーを導入した経験がない企業様でもご利用いただけます。見やすいダッシュボードで、データの利活用がしやすく、簡単に店舗分析をすることができます。

成功事例から見る、AIカメラデータとPOSデータの連携効果

AIカメラで取得した人流データとPOSの購買データを掛け合わせることで、より深い洞察を得ることができます。GROOOVEのサービスで、店舗運営のパフォーマンス向上につながった事例をご紹介します。

菓子ブランドの店頭販売での売上向上

店舗改善施策の効果を把握するための「プラットフォーム簡素化」

※来店客一人当たりの平均客単価や購買率、各指標の求め方については、こちらのシステム・機能紹介ブログで詳しく解説しています。

人流データxPOSデータ

まとめ

AIカメラのデータとPOSのデータを組み合わせた顧客分析は、小売業をより効果的に運営するためには欠かせない要素です。

GROOOVEが提供している店舗計測ツールを活用し、リアルタイムに情報を収集し、データから課題点を抽出することで、スピーディーに店舗オペレーションを改善することができます。

弊社サービスにご興味のある方、RetailNextなど精度の高いピープルカウンター(入店人数カウンター)や動線分析システムの導入を検討されている方、データをRaaSやO2Oビジネスに活用したい企業様など、お気軽にお問い合わせください。

具体的な導入プロセスやサービスの料金体系、店舗DX化により店舗経営を最大限に引き延ばす方法など、どのようなご質問にもお答えし、お客様のビジネスを次のレベルへ引き上げるお手伝いをさせていただきます。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. 展示会のAIカメラ活用法 – 通行量・来場者数・各ブースの測定

  2. 接客パフォーマンスの評価基準と店舗での測定方法

  3. 店舗のレビューを効果的に集める方法と戦略

  4. スーパーマーケットにおける店舗分析の成功の秘訣

  5. 顧客セグメントの重要性とは? 理解するためのステップを解説

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

TOP