システム・機能紹介

RetailNext ダッシュボード – 店舗分析と自動配信レポートとは?

店舗分析とは?

店舗分析とは、店舗の販売実績、購買率、客単価、来店頻度や時間帯、エリアの特性、来店客の属性や、顧客が店内でどのような経路を辿り商品を購入し、どこで接客サービスを受け、どこで機会損失が発生しているかなど、売上や収益につながる要因を特定する作業です。その結果に基づいて、今後のマーケティング施策やオペレーション改善に活かしていきます。

ダッシュボード – 分析

ここでは、RetailNextのダッシュボードの機能の1つ、「分析(Analytics)」についてご紹介します。

RetailNextのAIカメラ「Aurora(オーロラ)」で取得した情報は数値化され、クラウドに取り込まれた後、RetailNextのダッシュボードや連携された貴社のBIにリアルタイムに表示されます。

データの視覚化

指定した場所や日付範囲におけるメトリック(指標)を図や表を用いてわかりやすく可視化します。ダッシュボードに可視化された集計データや分析結果をもとに、店舗は売り上げにつながるインサイトを導き出すことができます。

UIの種類

「棒グラフ」「表」「折れ線グラフ」「円グラフ」「動態マップ」「ゾーンマップ」「方向マップ」「ゾーントランジション(ゾーン遷移)表」「ゾーントランジション(ゾーン遷移)チャート」「フルパストラック(全経路)アニメーション」の中から選択が可能です。(2024年1月時点)

メトリック – どのような指標が見れる?

レポート画面で表示される指標を、一部ご紹介します。

  1. 全体のトラフィック(総入店人数)
  2. 各店舗の入店人数(入口別、ゾーン別など)
  3. 年・月・曜日・日・時間ごとの入店人数
  4. 店内各エリアにおける顧客の滞留状況(顧客の興味度調査、ディスプレイ・商品陳列などのレイアウト分析)
  5. 売上高、CVR(コンバージョン率、通常は購買率を指します)、ATV(1取引あたりの平均客単価)、SY(来店客1人あたりの客単価) ※POSレジ連携
  6. 各店舗のCVRやATVの比較 ※POSレジ連携
  7. 来店客のトレンドと属性(男女比・年齢比、新規・リピーター率など)
  8. スタッフのパフォーマンス など

※一部のデータ取得には、エントランスのトラフィックカウント用AIカメラに加え、POSレジとのデータ連携や、店内の該当エリアに別途センサーの設置が必要です。

店舗分析を容易にするRetailNextのレポート機能

レポートの抽出と自動配信機能

保存した過去のレポート一覧を参照したり、新規レポートを作成し、ダウンロードできる機能が備わっています。
また、レポートをCSVやExcel形式で自社のパソコンにインポートしたり、指定したメールアドレスに分析結果を送信することも可能です。

レポートの抽出方法

  1. 「視覚化」で表・グラフの種類を選択した後、「場所」「メトリック」「日付範囲」「グループ化」の各項目を指定し、集計データを表示させます。
  2. レポートで出したい指標を個別に選択・解除します。
  3. 現在表示されているレポートを「メール添付」または「ダウンロード形式」で書き出します。

自動配信レポート機能

自動配信レポート機能を使えば、分析結果を定期的にメールで配信することができます。
経営層やマネージャークラスへの定期的なレポーティングが自動化され、業務効率が向上します。また、自らレポートを閲覧しにいくというアクションを起こさなくても、自動的に配信が行われるため、分析の抜け漏れやムラを無くすことができます。

レポートは日次/週次/月次のいずれかでお届けいたします。詳しくはお問い合わせください。

 

まとめ

店舗分析は、売上や収益につながる要因を特定するプロセスです。

RetailNextのAIカメラとダッシュボードを用いた店舗分析は、このプロセスを容易にし、ヒューマンエラーを低減します。分析結果を貴社の今後のマーケティング施策や運営改善にご活用ください。

分析レポートで閲覧できる指標の一覧等、ご興味がおありの企業様は、ぜひお問い合わせください。


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP