RaaS/OMO/D2Cなどへの対応

withコロナ時代のビジネスモデルへの対応

当社で海外の某ニューリテールビジネスモデルベンチャーの日本国内店舗の施工と設定を担当させていただいてから複数の類似プロジェクトに関わってまいりました。コロナ禍の開けない中、リテーラーの皆さんの新しいビジネスモデルへの挑戦があちこちで始まっています。RaaS店舗(売らないお店/RaaS)、D2C店舗、ポップアップストア店舗、オムニチャンネル戦略の窓口となりうるコンビニなどの全国数千店舗クラスのラストワンマイル拠点、また、リテーラーに限らない物流営業所の無人化など、そこで起こり得る課題を解決したり、動線データのクライアント提供やアプリ連携による新しいビジネスモデルへのサポートを当社がお手伝いします。

店内のショッパーやスタッフの動線をAIカメラのみで一人一人の動線をひと串にさして動きを数値化できますので、ショッパー個人の移動順序と時間、スタッフ個人の移動順序と時間をデータ化し、貴社のビジネスモデルに連携活用ください。

 

TOP
EnglishJapaneseChinese (Simplified)Arabic