社長ブログ

動線分析は本当に必要?

当社の最大の強みである環境構築の知見と経験を生かしたソリューションのひとつに、RetailNextのFPA機能を使った「動線分析」というものがあります。

当社の日本国内でのFPA導入実績の例に触れつつ、掲題の「動線分析は本当に必要か」についてお話ししたいと思います。

FPAとは?

簡単に説明をすると、FPAとは「Full Path Analytics(フルパスアナリティクス)」の略であり、店内の人の動きをスタッフと来店客に分けて取得し、数値化・視覚化する機能です。

動線サンプル

動線取得イメージ

で?っていう話です。

人の動きを数値化できるのですよ!
しかもスタッフと来店客の動きを別々に数値化できるのですよ!

と声高に叫んでも・・・

そうです、「だから?」です。

質問の多くは、機能面やケーススタディに関するもの

オフライン店舗の分析に限らず、あらゆるデータ分析で一貫して言われるのは「何を得るために分析をするのか?を明確にするべき」ということです。

しかしながら、当社にお寄せいただくお問い合わせの多くは、「動線分析で何ができるの?」「他社では、動線分析をどんなことに利用しているの?」というものです。

ぼんやりとした目的では、FPAはあまりにもコストが高すぎる

FPAから取れる指標はとても多いです。

したがって、何を得たいのか(目的)を先に決め、そこから必要な指標データを、必要な精度・粒度、適切な方法で導き出せば、オーロラ(AIカメラ)の台数の削減、ライセンスコストの削減、システム構築コストの削減、PDCAオペレーションの自走化までの時間コストの削減などに繋がります。

究極的には、そもそもFPAは不要であったという結論に至る場合もあります。
その場合は将来の本格的な環境構築の着地を見据えた上で、スモールスタートでここから始めましょうという提案をさせて頂きます。

最後に参考まで【RetailNext FPAで得られる企業利益】

当社実績から2つだけ抜粋してご紹介します。

  1.  売上向上:スタッフの接客パフォーマンスの最適化
  2.  人時生産性向上:スタッフィングの最適化

1. 売上向上:スタッフの接客パフォーマンスの最適化

接客回数と購買率を算出し、データを活用します。
FPAでは、店内の任意の場所毎に任意の範囲内で、一定時間以上、スタッフの動線がショッパーの動線に接近した場合に、接客回数を1としてカウントします。
接客回数と購買率の相関関係から、ボトルネックにつながる“気づき”を得たり、接客の方法や時間、トークスクリプトなどの改善効果検証、店頭スタッフのパフォーマンス評価への運用などが可能です。

2. 人時生産性向上:スタッフィングの最適化

コンビニエンスストアや物流営業所における当社実績からのフィードバックです。
スタッフの実際の行動を合計人時生産性として数値で取得し、計画人時生産性との比較ができる環境を得られます。

スタッフが主にどこで時間を費やしているのかが明確になります。
例えばレジカウンター内側や接客カウンターの裏側(スタッフ側)と表側(ショッパーのいる店内)のスタッフの各ゾーンにおける滞留時間、買い物客が無人レジなどの各種無人端末を利用する際、スタッフが顧客への受け答えやサポートに費やした時間や回数、部門ごとの商品棚への品出しに費やした工数などです。

人時生産性が出せれば、日々のスタッフの行動パターンなどの実態を知ることが可能になり、スタッフのシフト調整、接客にあたる人数の最適化などにつながります。

当社は、日本国内においてはRetailNextの最も古い販売チャネルパートナーとして、最も豊富な導入経験を持つチームであると自負しています。

また、海外のRetailNextユーザーである企業様が日本国内に展開する際の導入支援や設置工事、クラウドのコンフィグレーションのサポートなども、2005年から行わせていただいております。

後者の活動では、多くの海外有名ブランドショップのオフライン店舗分析ニーズを体感してきました。

データ取得目的の設定やRetailNext導入方法のご提案など、当社までお気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP