社長ブログ

オフライン店舗内のヒト動線数値を取る理由

そもそも(前提)の部分をみなさんにお伝えしたいと思います。
私たちGROOOVEが提供する(考える)貴社にとっての「オフライン店舗内のヒト動線数値を取る理由」は何か?
についてを簡単にご紹介させていただきます。
なぜ、数値を取るのか? 採取した数値をどのような活動で使っていただくことを想定しているのか?

  1. スタッフの行動から得る貴社の利益/損益の可能性把握
  2. 来店客の行動から得る貴社の利益/損益の可能性把握
  3. OMO (Online Merges with Offline) 概念事業において、オンラインのデジタル指標とオフライン店舗指標の相関データ視覚化による貴社の利益/損益の可能性把握

上記3つからそれぞれを

  1. 貴社の店舗DX化における集客効果検証
  2. スタッフパフォーマンス効果検証
  3. スタッフモチベーション向上
  4. 減少した(するであろう)ポテンシャルターゲットに対する改善施策の効果検証
  5. 外部アプリでの販促活動への活用
  6. RaaSなどの新しいビジネスモデルへの活用

などに徐々に落としこみ、最終的には具体的な対策施策に落とし込んで頂くことを想定しています。

お気軽にご相談ください。採取可能な指標をご提案させていただきます。

それではまた!

田村


サービス導入のご相談・ご質問はこちら!

小売店をはじめ800店舗以上の支援実績を持つGROOOVEは、国内外で店舗を持つブランドに対し、店舗がDXで達成したい目的に応じたソリューションを提供することでオペレーション改善を支援しています。

オフライン店舗のパフォーマンス向上・利益アップにつながるお手伝いをいたします。
是非、お気軽にお問い合わせください。

店舗計測の月額サブスク

店舗計測の月額サブスク「POPS」

店舗計測システムレンタルサービス「POPS(ポップス)」

必要な機器は全てレンタルパッケージにお任せ。
コストを抑えた定額料金で「店舗計測ツール」をご利用できます。

 

店舗計測システムの監視/保守

店舗計測システムの監視/保守「Remotek」

「REMOTEK(リモテック)」

AIカメラ等のIoT機器導入後の死活監視と、遠隔操作による機器復旧作業のサポートをするオプションサービスです。

安定的なデータ取得に不可欠な保守サービスを、月額制でご提供します。

 

店舗計測のコンサルティング

店舗計測のコンサルティング

お客様のビジネスに必要なデータ活用について、小売業、モール、飲食店など各々の業態の企業様へGRoooVEが総合的にアドバイスします。

 

お問い合わせ

 

当社製品・サービスをご希望のお客様はこちらからお問合せください。

人気の記事
最近の記事
  1. 【2024年版】2023年の小売ビジネスのトレンド振り返りと今後の期待

  2. ビジネスモデル「リテールテイメント」とは?

  3. 人流データxPOSデータ

  4. AIカメラ1台で、どんなことができる?

  5. 「入店人数計測システム」とは? 主な“3種類”をご紹介!

  1. AIカメラで店舗分析 -「coumera(クーメラ)」でサイネージ広告の効果検証を行う

  2. マーケティング戦略について考える

  3. 売れ行きが低迷。AIカメラで売上に影響を与える原因を探る方法とは?

  4. ベストセラーはどのようにして誕生する? 店舗で実践できる施策もご紹介

  5. RetailNext ダッシュボード – 店舗のパフォーマンスと運営の最適化機能とは?

TOP