店舗分析について

オフライン店舗内のヒト動線数値を取る理由

最初の章ではそもそも(前提)の部分をみなさんにお伝えしたいと思います。
私たちGROOOVEが提供する(考える)貴社にとっての「オフライン店舗内のヒト動線数値を取る理由」は何か?
についてを簡単にご紹介させていただきます。
なぜ、数値を取るのか? 採取した数値をどのような活動で使っていただくことを想定しているのか?

  1. スタッフの行動から得る貴社の利益/損益の可能性把握
  2. 来店客の行動から得る貴社の利益/損益の可能性把握
  3. OMO (Online Merges with Offline) 概念事業において、オンラインのデジタル指標とオフライン店舗指標の相関データ視覚化による貴社の利益/損益の可能性把握

上記3つからそれぞれを

  1. 貴社の店舗DX化における集客効果検証
  2. スタッフパフォーマンス効果検証
  3. スタッフモチベーション向上
  4. 減少した(するであろう)ポテンシャルターゲットに対する改善施策の効果検証
  5. 外部アプリでの販促活動への活用
  6. RaaSなどの新しいビジネスモデルへの活用

などに徐々に落としこみ、最終的には具体的な対策施策に落とし込んで頂くことを想定しています。

お気軽にご相談ください。採取可能な指標をご提案させていただきます。

それではまた!

田村

TOP
EnglishJapaneseChinese (Simplified)Arabic